logo
logo
logo
logo
 
ホームに戻る
ホームに戻る
ダウンロード
 Menu
松本山雅情報 : 前半戦天王山に勝利!
投稿日時: 2006-4-24 13:23:09 (5219 ヒット)
松本山雅情報

昨日、金沢市近郊の津幡総合公園陸上競技場で行われた北信越リーグ第3戦ツエーゲン金沢戦、今季前半戦の天王山でした。既報の通りツエーゲン金沢は元Jリーガーを多く補強し宮澤ミシェルをスーパーバイザーに迎えるなど今期大きな補強を行い最も有力な優勝候補と言われています。
予想通りの好ゲームとなり前半は松本山雅FCがボールを支配し先制点、それ以外にも決定機が何度かありましたが決め切れません。逆に後半は押し込まれる場面が多くなりました。
しかし虎の子の1点を守りきり勝利、これで開幕3連勝、失点はいまだゼロです。



次節は5月7日12時よりアルウィンにて対Japanサッカーカレッジ戦です。JapanサッカーカレッジはJ1アルビレックス新潟の下部組織で優秀な選手を多く有する強豪です。
次節も好試合となると予想されますので是非会場に足を運んでくださるようお願い致します。



(監督のコメント)

今日の試合は互いに2勝し、なおかつチームを強化してJリーグを目指している同志の戦いでありました。
私はアウェーでのいろいろな妨害要素(移動等)に対処してできるだけ良いコンディションで選手が挑めるように心がけてきました。
ツエーゲンは大半がJリーグを経験している選手ではありましたし、開幕からの2戦では大量得点をとって勝っていたので、戦前ではツエーゲンに分があると思われていました。しかし、私はこの点に必ず隙があると確信していました。
なぜなら、大量得点、なおかつあまりピンチを迎えない試合を続けていくと、修正するポイントが見えにくくなると思うからです。
 我々はまず、しっかりした守備で相手の攻撃に隙を与えないことを心がけました。そうすれば、かならずツエーゲンはうまくいかないだろうと思っていました。
 試合が始まって予想以上の展開を選手は見せてくれました。
GK,DF、ボランチを含めた8人のプレーヤーは集中したプレイをしていましたし、前の3人に関しては特に前半はしっかりプレスをかけ、なおかつ攻撃の時には相手の嫌がるプレイをしていたと思います。
しかし、決定的なチャンスが何本もあったにもかかわらずシュートの精度を欠き、1点しか取ることが出来ませんでした。
 後半になると少し全体的にパワーが落ち、特に前の選手は前半の様なキレがなくなっていました。次第にツエーゲンは前半よりは我々のコートに侵入することが増えてきましたが、最後の最後まで集中を切らさず無失点に抑えることが出来たのは選手の勝ちたいという気持ちとがんばりがあったからだと思います。
まだまだ続くリーグ戦ではありますが、とにかく毎試合しっかりした準備をして勝てるようにがんばってやっていきたいと思います。


監督   辛島 啓珠







【試合速報】4/23第3節vsツエーゲン金沢

【予告】4/23松本山雅FC応援弾丸バスツアー(第1弾・金沢行)
松本山雅FC応援第1回弾丸バスツアー受付開始【締切4/20 10:00】
弾丸バスツアー開催決定

space
Copyright
ページのトップへ