logo
logo
logo
logo
 
ホームに戻る
ホームに戻る
ダウンロード
 Menu
松本山雅情報 : 無難なスタート
投稿日時: 2007-4-9 13:20:20 (7034 ヒット)
松本山雅情報

昨日8日午後1時よりアルウィンにて、北信越リーグ1部第1節、対FC上田ジェンシャン戦が行われました。
天候にも恵まれ、観客数は2,493名とリーグ戦としては、今までで最高の観客動員数となりました。







多数の皆様にご来場頂きまして感謝申し上げます。
初戦はどんな選手でも緊張するもの、試合内容はともかくとして6-0という内容でスタートを切ることが出来たことは評価できます。
全国最激戦区と言われる今年の北信越リーグ、2戦目は早くも優勝候補の一角に数えられるフェルヴォローザ石川・白山FCとの1戦となります。
フェルヴォローザは初戦に同じく優勝候補のツエーゲン金沢と対戦し選手の退場もあったようで惜敗しています。
どちらが勝ってもおかしくない好ゲームになることが予想されますが皆様の声援で2戦目も勝利したいと思います。
2戦目も15日アルウィンで行われますので、是非ご来場下さい。






(監督のコメント)
いよいよ北信越リーグが始まった。
我々にとってリーグを制覇するためにもなんとしても勝ちたいゲームであった。
初戦は難しいことがあるのは予想していたが、始まってみると、少し全体的に硬さはあったもののそんなに悪い出来ではなかったし、先取点を早くに取れたのが大きかった。
後半はよりチームとしての良いパフォーマンスを期待していたが早めに追加点を取り、試合を決めることができた。
しかし、後半の中ごろから、幾つかのチャンスを決められなかったことは大きな課題である。
全体としてはまだまだコンビネーションやチームとしての成熟さが足りないので
練習、試合を通してそれらの課題を克服しなければならないと感じた。
次週のフェルヴォローザ戦に向けて、しっかりと準備をしていきたい。

                            監督 辛島 啓珠



開幕戦の結果

space
Copyright
ページのトップへ