logo
logo
logo
logo
 
ホームに戻る
ホームに戻る
ダウンロード
 Menu

« 1 (2)
コラム : 【新連載コラム】〜永遠なるRed feather〜 第1章
投稿日時: 2004-12-3 19:09:00
コラム

〜出会い〜
東京への出張。今日松本に帰ってきた。
やっぱり寒いな〜松本は。
昨日浦和レッズの後援会理事の方とお酒を飲んだ。
レッズは優勝騒ぎがまだ抜けないらしく、浦和の街も
かつてない賑わいを見せている。サッカーの力は計り知れない。
松本も早くそうならないかなー...。
その方と夜が更けるまでサッカー談義をした。
浦和の現在に至るまでのいろんな紆余曲折や内部の情報を
教えて頂いた。本当に勉強になる。
私たちASPの話も熱っぽく語った。
彼は言った『いいなー、小さなところから夢を目指すって。
山雅SCもきっと素晴らしいチームになるよ』と。
お世辞でもうれしかった。
最近いろんな方と出会い、いろんな方々にお世話になっている。
人間て一人では生きていけない。
ある言葉を思いついた。

出逢い そして感動
人間を動かし 人間を変えてゆくものは
むずかしい理論や 理屈じゃないんだなぁ
感動が 人間を動かし
出会いが 人間を変えてゆくんだなぁ....。

さて久しぶりにうちに帰ってかみさんと晩酌しよう
今日はワインがいいなー。
そーいえば10年も飲酒続けると体に良くないらしいよ。

次回連載をお楽しみに!!(たのしくねーか?)

コラム : 『KobaKatsuの独り言』
投稿日時: 2004-9-3 13:10:00
コラム

ここでは、毎回何の脈略もなく思うがまま、あくまでも自己中心的にサッカーについて語ってみたいと思います。
第1回目は、『熱狂するサッカー』について考察したいと思います。
私は仕事がらDr.(お医者さん)と話をする機会が大変多く、最近ではサッカーの話も日常の会話に出てくるようになってきました。(以前は野球ばかりでしたが…)その会話の中で、サポーターの暴動についての話がある時出ました。
皆さんご存知のように、サッカーは全世界でみるとその人気は他のスポーツを圧倒しています。(アジアの一部と米国を除けば…)では、なぜ人々はこのスポーツに熱狂するのか?答えは簡単!足でボールを扱うというむずかしい部分と単純なルール(オフサイドを除けば)にあるのだと思います。それにはそのDr.も、「うーん。」と、ある意味納得?されていました。しかし、そのDr.から「では、なぜ暴動が起きるほど熱狂するかわかる?」と…それには「・・・。」そのDr.は一言「サッカーは点がなかなか入らないからだ!」それには、「なるほど…。」確かに、すばらしい華麗な攻めをしても最後のフィニッシュのところで天を仰ぐ…何てこと、サッカーではよくあるケースです。というよりも90分の多くがその繰り返しです。そのため徐々にフラストレーションが溜まり、ついには爆発してしまう!「あそこまで行きながらなぜ…」「せっかくのチャンスを…」言われてみれば確かに納得です。ある意味『ミスの連続』のスポーツであるからです。ですから、1点が入った時、人は熱狂し、計り知れない喜びを感じるのです!
でも、これこそが我々サッカーを愛する者にとって、サッカーの最大の魅力ではないでしょうか?(アメリカ人には受け入れられなかったけど…)
この快感を味わうために人はサッカーに興じるのだと思います。
最後にそのDr.が、「暴動を起こさなくするためには、ゴールをひと回り大きくする事とオフサイドを無くし、点が入るようにする事だな…ハッハッハ!」と。これには???
でもこれじゃあ、サッカーじゃなくなっちゃいますよね!ですから皆さん、これからもサッカーで大いにストレスをため?一気に発散しましょう!(あくまでも健康的に…)
目指せフーリガン?
ではこの辺で…

コラム : 『闘将KARAMAWARI』
投稿日時: 2004-9-3 12:54:39
コラム

山雅の1プレイヤーでもある闘将(自称)です。
まず、あらかじめ断わっておきたいのですが、闘将とはあくまでも自称であり自然に周りが呼び始めたというようなカッコイイものではございません。自分から周りに定着させるには随分苦労したし、何年かかったかわかったもんじゃないっす。
まあ、自分の魂の叫びが通じたんだなあ、まさに「ことだま! (言霊)」 と勝手に思い込んでおります。
ひとつ皆さんも「継続は力なり」。自分で言っていればいつかは定着するかもしれないですよ、試してみたらいかがっすか。
公言することにより自分の中で自分へプレッシングをしかけ、逃げ道をなくすという考え方もありますよね、ポジティブシンキングでいきましょう! (自分に言い聞かせているようですいません)
そして、このHPにある考えのもと、山雅とASPはとにかく何があろうと前向きにいきます。(強引に流れを引き込むようなミドルシュートのような展開・・・)

このコラムでは、選手・スタッフ・etcの事、闘将の感じた事などを勝手に暴走し、
3魂ほど上げて語っていきたいと考えております。不定期・空回り・打ち切り御免 です!

« 1 (2)
space
Copyright
ページのトップへ