logo
logo
logo
logo
 
ホームに戻る
ホームに戻る
ダウンロード
 Menu

« 1 (2) 3 4 5 ... 9 »
山雅日和 : アルウィンに戻ろう!!!【山雅日和 09.11.20】
投稿日時: 2009-11-20 18:00:00

国語辞書を片手に。
小太リーナです。

いよいよ明日から全国地域サッカーリーグ決勝大会が始まります。
出場権を獲得してから地域決勝にかけて、皆様から様々なご支援をいただきました。
この場を借りてお礼申し上げます。
ありがとうございました。

一昨年・昨年と突破できなかった1次ラウンド。
もがき苦しんだ3年間を鳥取の地で取り戻しましょう!

全社本大会前と同じことを書きますが、必ず苦しい場面・時間帯があると思います。
その時は、会場にいるサポーター・ファンの皆様はもとより、会場に来られなかったサポーター・ファンの皆様も是非思いを鳥取に届けてください。
サッカーは11対11でやるスポーツではありません。
「勝ちたい・勝たせたい」思いが強いチームに勝利が舞い込んできます。

「One Soul」

思いは一つ。共にJFLへ駆け上がりましょう!

明日からのご声援、宜しくお願いいたします!!

山雅日和 : 必昇【山雅日和 09.11.9】
投稿日時: 2009-11-9 21:50:00

こんばんは。
小太リーナです。

一昨日と昨日。
イベント参加・壮行試合をさせていただきました。

Team−Vamosさんにお手伝いをいただきまして「JAまつり2009」に参加し、募金活動・グッズ販売をさせていただきました。
皆様から多くの募金、そしてグッズのご購入いただきました。
いつもありがとうございます。

13時からは選手のステージ発表をさせていただきました。
MCは日和は書かないけど、マイクは持つ「メタBOØWY」さんでした。
ステージ発表にも多くの方がステージにお集まりいただきました。
そのせいか「メタBOØWY」さんの緊張具合がこちらにもヒシヒシを伝わるMCっぷりでした。
特に、リフティングコーナーに参加したお子様に、着地点の見えないインタビューぶりが印象深かったです。


ステージ発表が終わり、ブースにてサイン会をさせていただいたのですが、こちらも多くの皆様にお並びいただきました。(インフルエンザ対策で、選手はマスク着用とさせていただきました。皆様にご理解をいただき感謝です。)
場所をご提供いただきましたJA松本ハイランド様、土曜日はありがとうございました!


そして、昨日はヴァンフォーレ甲府さんとの壮行試合には、昨年を大幅に上回るサポーター・ファンの皆様にご来場をいただきました。
これで地域決勝大会前に皆様の前で試合を行うことは最後になるかと思います。

次にお見せするのはもちろん!決勝ラウンド「アルウィン」です。
まずは予選ラウンドを「One Soul」になり勝ち抜きましょう!!

「One Soul」と言えば、サポーターの皆様が製作した「One Soul」ダンマクに、リーナも書かせていただきました。
“必ず昇格する”を略して「必昇」と書かせていただきました。
選手も含め「One Soul」ダンマクには多くの方の思いがギッシリ詰まっています。
思いを受け止め、チームは最高のパフォーマンスをしてくれると思いますので、期待してください!!

最後に場所のご提供をいただきました松本歯科大学様、甲府から来ていただきましたヴァンフォーレ甲府さん、ありがとうございました!


【追伸】
バスツアー。イレギュラーな内容となっておりますが、是非ご検討をお願いいたします。

山雅日和 : 松本→秋田=成田→ロスアンゼルス【山雅日和 09.11.2】
投稿日時: 2009-11-2 21:50:00

キラリ、この人。
小太リーナです。

土曜日の秋田で行われた天皇杯3回戦。
100人以上のサポーター・ファンの皆様にお越しいただけました。
本当にいつも頼れる「仲間」です。
ありがとうございました。

秋田まで片道約10時間。
この試合だけを見て、お帰りになられた方も大勢いらっしゃると思います。
そんな中で結果を残すことができませんでしたが、この借りは地域決勝でチームは必ず返してくれると思いますので、今後ともチームへのサポートを宜しくお願いいたします。

もちろん、リーナもバスツアーの添乗員として参戦いたしました。
25時間中20時間はバス移動・・・。
学生・社会人初期に一人旅で宿変わりに夜行バスに乗りまくっていて馴れているつもりではいましたが、さすがに今回はしんどかったです。
でも、久しぶりに夜行バスを経験して、少し若返った気がしてます。

バスツアーでは、朝飯を食べようとした場所が一時間後ではないと空かず、結局2時間立ち往生したり、NHKさんの番組を車中で見ようとして、山雅の特集時に長〜いトンネルに入ってしまい、肝心の場面が全く見ることができず、逆に皆様にストレスを与えてしまいました。
そんなしんどい旅に40人以上の方にお付き合いをいただきました。
ありがとうございました。

さて、いよいよ地決モードに突入です。
当初、鳥取へのバスツアーをしないつもりでおりましたが、あんなにも多くの方が秋田に来ていただいたのですから、少しでもチームとして皆様に負担を軽くできないものかと現在思案中です。
どんな形でご提案できるか現時点ではわかりませんが、近日中に形にして皆様にご提案したいと思いますが、ご提案ができなかったらごめんなさい。そして、あまり過度な期待はしないでください・・・(3日連続のバスツアー往復とかは考えておりません・・・)。


それでは、8日の壮行試合でお会いしましょう!!

山雅日和 : 3度目の正直【山雅日和 09.10.22】
投稿日時: 2009-10-22 22:00:00

こんばんは。
全社バスツアー帰り途中に全国デビューした小太リーナです。

全社本大会。これぞ「One Soul」な勝ち方で優勝し、地域リーグ決勝大会への権利を勝ち取ることができました!!
あの5日間。苦しい試合の連続でした。
特に、2回戦・3回戦は何度も「敗戦」が頭をよぎってしまいました。
でも、チームはあきらめず勝利をもぎ取ってくれました。

そして、運命の準決勝。
あれぼどの方が平日の市原市に来ていただけるとは思ってもみませんでした。
皆様、様々な“大人の事情”を作っていただき参戦していただいたのだと思います。(思いっきり考慮し、なるべくサポーター・ファンの皆様の写真はHPでUPしなかったのでご安心を(笑))
正直言って、試合前に勝利を確信しました。
あれだけのサポーター・ファンの皆様のこの1戦に賭ける思いがあれば、負ける訳にはいかないと思いますし、負ける訳がありません。
試合終了後、サポーター・ファンの皆様に“ありがとう!”と声を掛けていただいたのですが、とんでもない。
皆様の思いが勝利へと導いていただきましたので、こちらこそ“ありがとうございました!”です。
もちろん、会場に来られなかったサポーター・ファンの皆様の思いも十二分に伝わってきました。
そして、その思いをチームは結果として表してくれました。

全社本大会での皆様のサポートがあったからこそ権利が取れました。
ありがとうございました!!

そして、ここからがスタートです。
組み合わせも決まり、大会まで後1ヶ月しかありません。
チームはJFL昇格に向けて、さらに練習を追い込み、成長してくれると思います。

3回目のJFL昇格への挑戦です。
1戦1戦共に闘っていきましょう!

っとその前に、天皇杯3回戦ですね。
少し遠いですが、秋田でお会いしましょう!!

山雅日和 : One Soul!!!!!【山雅日和 09.10.16】
投稿日時: 2009-10-16 19:47:55

こんばんは。
小太リーナです。

いよいよ明日から全社本大会です。
地域決勝大会への出場権を賭けて、明日からの5日間に全てをぶつけます。

リーグ戦終了から今日まで、様々なことがありました。
最終戦に惨敗し、天皇杯準決勝でも辛くも勝利した時は、正直言ってチームとサポーター・ファンの皆様が一つになれていなかったと思います。
全社北信越大会の準決勝で前半で2点ビハインドした時には、心が折れた方もいらっしゃったかも知れません。でも、そこから大逆転し全国大会出場を決めました。
そこから約2ヶ月間。チームは厳しい練習の中で、皆様の期待に応えるべく自分と戦ってきたと思います。天皇杯はその結果だと思います。
チームは必ず地域決勝大会の権利を勝ち取ってくれると思います。
でも、全社です。必ず苦しい場面・時間帯があると思います。
その時は、会場にいるサポーター・ファンの皆様はもとより、会場に来られなかったサポーター・ファンの皆様も是非思いを市原に届けてください。
サッカーは11対11でやるスポーツではないと私は思っています。
「勝ちたい・勝たせたい」思いが強い方に勝利が舞い込んでくるものだと思っています。

1戦1戦全力で共に闘いましょう!

明日からのご声援、宜しくお願いいたします!!

山雅日和 : 歓喜と感謝と自分の情けなさ、そしてリセット【山雅日和 09.10.13】
投稿日時: 2009-10-14 0:12:54

こんばんは。
小太リーナです。

さて、何から書いていいのやら・・・

日曜日のレッズ戦。
14,494人もの方がアルウィンにお越しくださいました。
9時前にアルウィンに着いたのですが、その時には芝生の駐車場は既に一杯になっており、ナガノトマトさんの駐車場に流れておりました。
出店ブースの設営準備をする頃には、多くの方がブース開店を待ちわびる列。
そしてゲートには多くの山雅サポーター、レッズサポーターの列、列!列!!
すべてのことが、まさに"未体験ゾーン”でした。
浦和レッズサポーターがあれほど松本に、アルウィンに来るとは思ってみませんでした。
"やっぱレッズは凄ぇ”と試合前は完全に負けていました。
自分は本当に情けない・・・。

山雅サポーターの皆様!
クラブからご提案させていただいた“10.11グリーン・モンスター計画”に多大なるご協力をいただき、あのような素晴らしい雰囲気の中で試合をさせていただきました!
皆様がいなければあの歴史は作れなかったです。
フィンケ監督が言っていた「相手のペナルティエリアのところにはまるで生きているような、自ら動くことができるような壁があるような感じを受けた。」と言っていました。
それはきっと共に作り上げた“グリーン・モンスター”だったと思います。
そして、選手のスピリットは素晴らしかったです。正直言って「怪我なく、いい試合ができればいいな〜」なんて思っていた私は本当に恥ずかしく・情けない気持ちでおりました。
あの試合は山雅サポーターはもちろん、初めて山雅を見た人に確実に胸に焼き付いたと思います。
チームの皆さん。こんな奴がチームにいてスイマセンでした。
罰として、今度はリーグ戦でアルウィンを満員してみせます!

この試合を私は“最大のセールスプロモーション”であるとこのブログで言っておりました。
レッズの皆様には申し訳ないのですが、今回の宣伝効果は数億円、もしかすると何十億円の効果があったと思います。
チーム・サポーターの皆様にここまでやってもらったのですから、フロントは必ず活かさなきゃいけないですよね。
浮かれている場合じゃないですし、もちろん浮かれてなんかいませんよ!

さて、いよいよ今週末から全社本大会です。
レッズに勝ったことを全社で示さなければいけません。
今一度、気持ちをリセットしていきましょう。
皆様と本当に喜び合う時は12月だと思っています。
その為に1戦1戦共に闘い、1歩1歩JFL昇格に進んでいきましょう!

これからも山雅のご支援、宜しくお願いします!!

山雅日和 : カウントダウン【山雅日和 09.10.9】
投稿日時: 2009-10-9 19:53:41

こんばんわ。
小太リーナです。

皆さん、昨日のASIAN2さんの番組お聞きになられましたでしょうか?
登場したスタッフは・・・
日和は書かないけど、ラジオには出演する「メタBOØWY」さんでした。

という訳で、いよいよレッズ戦が明後日となりました。
何度も言ってしまいますが、大事なのはもちろん全社です。
でも、その前のご褒美だと思って、大いに楽しみ・盛り上がりましょう!!

前売券も10/7(水)時点で約12,000枚が発券されたと聞いています。
本当に沢山の方に注目されている試合だと思います。
ですが、まだまだ席は余っていますよね。
「10.11グリーン・モンスター計画」の実行するにあたり、理事・スタッフも一人でも多くの方が11日にお越しいただけるように、様々な場所にチラシを貼っていただけるようお伺いさせていただきました。
まだ、今日・明日とアルウィンに誘える時間が残っております。
可能な限り集客できるよう頑張ります!!

それでは、明後日。アルウィンでお待ちしております!

山雅日和 : 所信表明【山雅日和 09.10.1】
投稿日時: 2009-10-1 23:29:33

こんばんわ。小太リーナです。
今日は衣替えの日でしたね。
リーナも勝手に”クールビズ”からネクタイを締め、上着を羽織り活動していました。

さて、昨日から今日にかけて、天皇杯2回戦(vs浦和レッズ)に向けてのリリースをさせていただきました。
タオマフ・Tシャツ。皆様!是非ご購入してくださいね。

そして、本日。リーナ肝いり企画「10.11グリーン・モンスター計画」をリリースさせていただきました。
皆様の中には「天皇杯より全社の方が大事だろ!!」と思っていらっしゃる方もいると思います。
たしかにその通りです。ですが、浦和レッズとそれもアルウィンで公式戦ができるチャンスはJ1に昇格するまでないと思います。

リーナにとってこの試合は、今までの中で最大のセールスプロモーションの場であると位置付けています。
おそらく今までの山雅の試合の中で、最も多くご来場されるであろうこの試合。
松本地域にお金が落ちる経済効果、浦和レッズを試合をすることで目には見えない宣伝効果。そして、地域にJリーグチームがあればと思う地域愛。
様々な効果がこの試合に表れると思います。
この効果を是非地域の皆様・企業の皆様、そして行政の皆様に感じていただきたい。
そんな思いを持ち、この試合を考えています。

そしてこのセールスプロモーションは、皆様のご協力がどうしても必要となります。
松本山雅FCというチームは、私たち関係者のチームではありません。皆様のチーム、ある意味公共物かも知れません。
改めてですが、皆様と苦楽を共にし、このチームを発展させていきたいのです。

皆様、できる限りでけっこうですので「10.11グリーン・モンスター計画」のご協力をお願いいたします。
10月11日。共に歴史を作りましょう!

山雅日和 : リーナ復帰戦。〜1ヶ月の沈黙を語る〜【山雅日和 09.09.24】
投稿日時: 2009-9-24 22:48:37

約1ヶ月ぶりの登場となりました。小太リーナです。
この期間中、様々な方から「ブログ更新しないの?」と言われてしまいました。

更新しなかった理由。それは・・・。
中性脂肪が昨年の3倍の数値を叩き出してしまったからです・・・(涙)。
っていうのは実話ですが言い訳です。
これからは適度な運動・早めのブログ更新を心がけて行きます!
けど、「メタBOØWY」さんも更新してくれ〜〜(シャウト)!!
そして、改めて“オザログ”は凄い!

さて更新しなかった間、チームは本当に頑張ってくれました。
延長戦でパルセイロに勝ち、長野県代表として天皇杯に出場し、1回戦はJFLのFC刈谷に勝ちついに・・・、ついに!
あの“浦和レッズ”との対戦をしかもホーム・アルウィンでできることになりました。

チームは9月に入ってからは本当にハードな練習を行っていました。
その中で、JFLのチームに勝ったことはチームにとって大きな自信になったと思います。

クラブの今期の目標はもちろんJFL昇格です。
ここからは私の個人的な考えですが、全社・地域決勝とプレッシャーのかかる試合を今後行う選手たちにとって、今度のレッズ戦はその前のささやかなご褒美ではないのかと思っています。
刈谷戦の監督・選手のコメントを見ますと、苦しい胸の内が痛いほど伝わります。全社の前に無理はできない、したくない・・・と。
でも、レッズ戦がなくとも、トレーニングマッチは組んでいたと思いますし、練習中にアクシデントが起きる可能性も十分にあります。
06シーズン、静岡FCは全社1週間前に天皇杯で水戸ホーリホックを下し、全社も準優勝し地域決勝進出を勝ち取りました。
同じ状況で、二兎追って二兎得たチームもあります。
ここまでとは言いませんが、この日だけはプレッシャーから開放させてサッカーを楽しんで欲しいとリーナは思っています(難しい状況だと重々承知しています)。

けど、事務方は煽りに煽らせていただきます!
近い内に、また×2皆様のお力を借りることになりますが、レッズ戦に向けて企画を計画しております。
さらに!レッズさんとのコラボグッズも企画中です!!
レッズ戦に向けて、ブログも小出しに更新していきますよ〜。

そして、本日は松本信用金庫さんへ加藤GMと一緒にお伺いさせていただきました。
理事長以下信金幹部の皆様と交流をさせていただき、改めて地域へどのように貢献すべきかを考えさせられた1日となりました。
松本信用金庫様、ご寄付ありがとうございました!


最後に。
オリジナル携帯、皆様いかがでしょうか?
国民的スター5人組が目印です。
皆様のご返信をお待ちしております。


それでは、バーイ!

山雅日和 : 深呼吸の必要【山雅日和 09.8.20】
投稿日時: 2009-8-20 22:50:00

こんバンテリンあるよ〜。
小太リーナです。

最近の山雅日和を読み返しますと、だいぶ肩に力が入っている感じがしましたので、無理矢理ですがサッカーに関係ないことを書いてみます。
題して「残暑が厳しいざんしょ。稲川順二もびっくり!?小太リーナ、恐怖の実体験Best3」をお送りいたします。


リーナは大学生〜社会人初期までプチバックパッカーもどきをやっておりました、年に1回ほど航空券だけ購入し一人旅をしていました。今回はその時に起きた恐怖体験を半ば強引に、かなり自己マンに、しかも皆様が別に知りたくもない事柄を山雅のHPで語ってしまいます。



第3位  あわや大惨事!?

台湾経由でベトナムに行った時のことです。あまり評判がよろしくない中○航空に乗ったのですが、着陸寸前で急降下。通路側に座っていたリーナはかなりビビッていたのですが、その時!!リーナのすぐ横では立ち膝をしてうつむいて呼吸の荒いスッチーがいました。
「スッチーがこんな状態ってことはこの飛行機落ちんの??」と思い、隣に座っていた中国人らしき人も同じことを思っているらしく、落ち着かない感じでした。
この時は、無理矢理に走馬灯を実行し、来るべき時に備えていました。そして着陸。「ドドーン!!」と今まで聞いたことがないような音でしたが、無事着陸しました。
墜落しなかったことに安堵しましたが、横を見るとそのスッチーはいませんでした。何だったの??



第2位  クスリカッコ悪い!

大学時代、トルコからギリシャ→イタリア→フランス→スペインに行き、再度フランスに戻り、日本に帰る朝に事件は起きました。
リーナが泊っていたホテルは、5人1室の部屋で“ドミトリー”と言われる部屋ではなく、ベットが各自に与えられるホテルに泊っていました。このホテルは男女共同じホテルに泊っていて、アルゼンチン女性が2人同部屋でした(もちろん、ウフフなことは・・・ないッス)。泊った部屋の階には、もう一つ部屋があり、その部屋を通らないと下に降りられない構造になっていました。
朝早い飛行機に乗るために支度をしていたリーナでしたが、しばらくすると隣の部屋から発狂した男性が暴れてまくっていました。今巷で話題のアレが切れたんです。計10人いるこの階でアジア人はリーナ1人。これで俺と目が合ったら未確認生物だと思い、襲って来るかもしれない・・・。っと思うと、フライト時間が迫っているのに中々ホテルに出ることは出来ませんでした。暴れた男はこの手のことに馴れているであろうオランダ人を中心に3人かがりで救急車に運ばれました。
やはり、“クスリカッコ悪い!!”ですね。って、これってリーナがただへタレだと言っているようなもんですね・・・。


第1位  ブラックジャックは漫画だけ!

第2位の続きになります。何とか飛行機に乗り込み日本に帰国する際に、経由で立ち寄ったマレーシアでの出来事です。トランジットが17時間あり、もちろん金もなくブラブラと街をうろつくことしかできなかったリーナは、中心部の公園に座っていました。
その時に、マレーシア女性に声を掛けられました。「私の妹が今度大阪に行くので、日本のことを教えて欲しい。マレー料理をご馳走するから家に来ないか?」を言われました。金がないリーナは、「昼飯が浮く上にマレーシアの家庭料理が食える!」っと思い即決でその女性について行きました。(その時には、一応「夕方には空港に友達が到着するので、それまでには帰して欲しい」とジャブは打ちましたが・・・)車で20分程行き、郊外の住宅街のその女性を家に着きました。
家に入ると恰幅のいい親父がリーナを迎えてくれて、しばし談笑しました。ふとその親父が「ブラックジャックをやらないか?」と言って来ました。リーナは「何言ってんだよ。俺はマレー料理を食いに来たんだよ!」と思い、その誘いに“NO”と言い続けていました。
その時に、なぜか「カップヌードル」が出てきました。「これがマレー料理の前菜かぁ」と混じりっけなしの純な気持ちで「カップヌードル」を食べました。
食べている際に、親父から「クレジットカードは持っているのか?」を聞かれ、「学生だからってバカにすんなよ!」と思いながら、限度額10万円のクレジットカードをかなり自慢げにその親父に見せつけてやりました。その後も親父は「ブラックジャックをやらないか?必ず儲かるぞ!」を再々リーナに言って来ましたが、マレー料理しか興味がなかったので、“NO”と言い続けました。
そんなやり取りが続いた後で、いきなり「帰れ!!」をその親父に言われました。「まだマレー料理食ってねーよ!!」と再三言いましたが、受け入れてくれず、その女性と出会った公園に車で戻され、お別れをしました。
「一体なんだったんだ!?」という思いは消えず、マレーシアの情報が全くなかったリーナは、百貨店に入っていた「紀伊国屋書店」に向かい、「地球の歩き方〜マレーシア〜」を立ち読みしました。そこには、上記に書いた内容に注意するようにと記載がありました。
皆様何となくお分かりですよね。
一連の流れは「ブラックジャック賭博」に誘い込み、カモられるという詐欺事件です。「地球の歩き方」によると、ターゲットは「好奇心旺盛な大学生」(ドンピシャ!)とのことで、最悪の場合殺されるケースもあるとのことです。
「マレー料理」>「ブラックジャック」だったリーナは、食への欲望のみでこの危険を回避できました!


リーナは、過去にこんな経験をしておりました。この他にも、カンボジア−タイを陸路で国境越えした時はヤバかったですね。
やっぱり、日本が一番いいなぁと心から思うリーナでした。



皆様、こんな自己マンの内容に付き合っていただき、ありがとうございました!
そして、たまにはこんな内容もありかなって思っています。
機会があれば(近日中かも)良かった所Best3を書きたいと思います。
それでは!!

« 1 (2) 3 4 5 ... 9 »
space
Copyright
ページのトップへ