松本山雅情報 : 信州ダービーに完勝!!

昨日7月1日北信越リーグ1部第12節、対AC長野パルセイロ戦が行われました。
両者ともに絶対に負けられないゲーム、まさに信州ダービー!
前節で情けない試合をしている我々にとって真価の問われる一戦でした。
結果は3-0の完勝、土橋を従来のポジションからひとつ上にあげその土橋が2得点。
後半FWの片山を交代させ、出場した白尾がトドメの追加点
監督の采配が冴えた一戦でした。

  

首位のJSCが負けたため、自力優勝の可能性が復活。
次節8日は生き残りをかけて今季アルウィン最終戦、対ツエーゲン金沢戦が行われます。
駐車場の混雑が予想されます。お早めのご来場にご協力下さいますようお願い申し上げます。

  

(監督のコメント)

前節の負けから考えて、まずはチームとして守備をしっかりすることを強調した。
前半を何とか無失点で抑えれば、勝つチャンスはあると思っていた。
後半は風上で、いきなりパルセイロに退場者が出たこともあり
なおかつPKで得点を奪ってから優位に試合を運べられた。
パルセイロのその後の猛攻を、DFラインを中心とした守備陣が踏ん張れたことが一番大きかった。
チーム全員の力によって、また、サポーターの声援も重なって
勝利をもぎ取ったことは非常に大きいと思う。
今週のツエーゲン戦もとても重要な一戦なので気合を入れていきたい。

  監督  辛島 啓珠

  


【再度のご案内】AC長野パルセイロ戦について
【試合速報】7/1第12節 vs AC長野パルセイロ

Copyright (C) 2021 松本山雅FC/JFLへの軌跡

このニュース記事が掲載されているURL: /modules/news/article.php?storyid=542